2016/04/18

Word Pressプラグインと言えばコレ!なAll in One SEOの使い方と設定方法

前回WardPressで作ったサイトにFacebookやTwitterのいいねボタンの導入方法を説明しましたが、今回はそのいいねボタンの最大活用方法!連携について説明します。

連携で出来ること

ワードプレスで記事を新しくついたしたときにFacebookやTwitterなどにも自動的にアップされるようになります。

さらにその記事にシェアボタンを追加し、シェアされる可能性を上げます。

 

 

プラグイン(ALL in One SEO)のインストール

まずはワードプレスにログインし、プラグインからALL in One SEOをインストールすると、機能管理からSocial Metaを有効化すると左側メニューにソーシャルメディアが追加される。

 

一般設定(General settings)

social01

ここでの設定はソーシャルメディア・タグの設定できる。基本的にここではチェックを入れずに記事一つ一つにdiscriptionを設定するのがいいとされている。

 

 

ホームページ設定(Home Page Setting)

social02

ここでの設定は、トップページがシェアされたときの設定が出来る。

※記事ページではなくトップページの設定

 

 

画像設定(Image Setting)

social03ここでの設定は記事ページがシェアされたときに表示する画像の設定ができる。

 

ソーシャルプロフィールリンク(Social Profile Links)

social04

ここでの設定はこのサイトの運営者が誰かと言う詳細を、組織として運営しているのが、個人で運営しているのか等をSNS側に伝えることができる。

必須項目ではないが、特に理由がない限り書いていた方がいいと思う。

 

 

Facebook設定(Facebook Settting)

social08

ここでの設定はFacebookとの連携設定が出来る。

ここの設定をきっちり行わないとうまく反映されない

 

※1 Facebook管理者ID

Facebook管理者IDを調べる方法で簡単なのは自分のFacebookページの画像のURLに表示されている

fbid

URLのset=a.の後の数字aaaaaaaaaaaaaaa.bbbbbbbbbb.cccccccccccccccと三つの数字があり、

Facebookの仕様に伴い必要な数字が変わってきます。

現在(2016/4月)ではbbbbbbbbbbの10桁の数字がFacebook管理者IDとなる。

 

 

※2 FacebookAPPID

アプリを開発したりするときに必要なID。

設定しなくても大丈夫だが、エラーチェックしたときにAPPIDがありませんよ!と警告が出されるので設定しておいた方がいい。

設定はhttps://developers.facebook.com/appsから。

 

 

 

Twitter設定(Twitter Settings)

social05

ここでの設定はTwitterとの設定が出来る。

Twitterカードと言うOGPに似た画像や内容を表示させるTwitter独自のシステムが利用できる。

 

※3 デフォルト Twitter カード

ここではページが共有されたときの表示の見え方を設定できる

画像を大きくさせるか、文字を大きく見せるかなど見せたい情報により設定が異なるので好きなものを選ぶと良い。

 

 

ソーシャルメタ

social06

ソーシャルメタでタグが重複していないかをチェック。

 

ALL in One SEO以外でもogpの設定をしていたりするとタグが重複され意図した情報が表示されない可能性があるので必ずチェックしておこう。

【No duplicate meta tags found.】と出れば重複がないのでOK!

 

上記を設定できたら設定を更新ボタンをクリックで設定は完了となります

 

 

設定に役立つサイト

OGP画像の見え方やチェックなど参考に

OGP画像シュミレーター

URLリンター