2017/09/23

効果的なプロフィールの書き方を学んで自分をアピールしよう

プロフィールをうまく書けないって方多いですよね。

今回は効果的なプロフィールの書き方を学んで、うまく自己アピールをしていきましょう。

プロフィールの重要性

初めて、あなたのブログサイトを訪れたとき、訪問者はあなたのことを知りません。むしろ、興味すらありません。
ブログ記事を見て、「この記事面白いな」「この人の考え方に共感できるな」と思われて初めて、あなたのことに興味が出てきます。
あなたのことを知りたいと感じたブログ訪問者がプロフィールを見たときに、適当に書いたプロフィールだと、一気にあなたのことに興味がなくなるでしょう。
プロフィールとは「共感・信頼」を得られる、特別な場所なのです。

プロフィールの項目と書き方

まずは、簡単な自己紹介心を掴もう。

あなたが有名人なら話は別ですが、ほとんどはあなたのことを知らない人がページを訪れているのです。
誰だかわからない人の話を永遠にされるほど、苦痛はないですよね。

簡易プロフィールを書こう
名前
本名(ハンドルネームでも可)
生まれ・育ち
趣味
仕事
現在
など

印象に残るキャッチコピーを取り入れよう

 

インパクトのある画像
本当の意味でのあなたの顔です。かっこよくや可愛いではなく”インパクト”ある写真を選んで、あなたのことを覚えてもらいます。
顔出しはしたくないって方はイラストでも大丈夫!いかに印象に残すことが大事なので、イラストを見ただけで、これはあなただとわかるようなオリジナリティーあるものが好ましいでしょう。

あなたの人生をさらけ出そう

プロフィールを書く上で最も重要で、最も難しい場所。ここをしっかりと抑えることであなたのことをただの興味から、ファンに変えることができるのです。

基本的な流れは

1、自分がどのような人間なのか
2、悲劇or栄光
3、きっかけ
4、実績
5、これから

1、自分がどのような人間なのか

ここでは自分がどのような人間なのかをアピールし、共感を得ましょう。

小さいときに起こった出来事や、今の自分の基礎となる部分を書いていきます。

 

2、栄光or悲劇

ここでの書き方は二パターンあり、これまで努力し続けた栄光の人生を書くか、失敗続きのどん底の人生を書くかです。

どちらのパターンも中途半端に書くよりもより、経験したことを大きく書いたほうが読者から興味を得られます。

 

3、きっかけ

なぜ、今の仕事(今していること)を選んだのかをしっかり書いてください。

 

4、実績

今のあなたの実績や今あなたがこれを見ている読者に与えることができることを書いてください。

 

5、これから

最後にこれからどうしていきたいのかをしっかりとアピールしましょう。読んでいただいた読者に精一杯届くように、自分の気持ちを、これから挑戦していきたいことを。

 

 

まとめ

これを踏まえて、僕のプロフィールを更新しましたので良ければ一度見てください。

共感できる部分や指摘などありましたらお気軽に連絡ください。