コンサルのこと

商品一括登録をするときに役立つエクセル【右からn番目の文字を削除】

2019/01/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -

右からn文字目を削除する方法。csvを編集しているときに数万件のデータの一番後ろのみ削除したいことがあったのでメモ書き

 

=LEFT(A1,LEN(A1)-1)

 

使用する関数

LEFT関数,LEN関数

 

LEFT関数

LEFT関数は文字数を指定し、先頭(左端)から指定した文字数分の文字列を抽出します。
全角文字と半角文字区別されず、両方とも1文字として数えられます。
文字数を指定しなかった場合は先頭の文字が返されます。

 

LEN関数

LEN関数は引数に指定した文字列の文字数を返します。
半角文字、全角文字の区別無く、1文字として数えられます。
空白スペース、数字、句読点もすべて文字として処理されます。

 

使い方

=LEFT(○,LEN(△)-□)

○に削除したい文字があるセルを入力

△にも同じセルを入力

○に削除したい文字が右から数えて何番目か入力

 

例えば、A1セルに”エクセル”という文字列がありの一番後ろのルのみ削除したい場合、B1セルに

=LEFT(A1,LEN(A1)-1)

と入力すると

B1セルが”エクセ”になります。

 

ネットショップなどで大量のデータを扱うことがあれば使うことがあるかもしれませんので参考までに!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© コンサル , 2016 All Rights Reserved.