2019/01/12

もしもアフィリエイトに広告出店したときの流れ【featureshop】

アフィリエイターのみなさんはどのASPを使っていますか?

僕が運営するウェブサービスをアフィリエイト広告出店することになったので、同じように出店を考えている人に向けて流れを説明します。

フューチャーショップで構築している店舗で紹介していますので、その他でECサイトを運営されている方は少しやり方が違うところもありますが、だいたいの流れは同じなのでご参考に

もしもアフィリエイトを選んだ理由

数あるASPの中でなぜもしもを選んだのか。オススメしたい理由

月額費用が無料

広告主側からすれば一番嬉しいのがこの手数料が無料なところではないでしょうか。

登録の流れ

もしもアフィリエイトに登録

まずは、もしもアフィリエイトに登録をします。

運営サイトの申請

運営サイトの申請をします。

サイトURLやサイトの説明文、アフィリエイト報酬を記載

トラッキングタグの設置

トラッキングタグは全てのページの<head></head>内に埋め込みます。

<script src=”https://r.moshimo.com/af/r/maftag.js”></script>

設定方法は、フューチャーショップ構築メニューのプロモーション管理→任意測定タグから新規登録出力設定を<head>タグ内に出力するに選択し、すべてのページに設定して登録するをクリック。

コンバージョンの設置

つぎにコンバージョンの設定を行います。

コンバージョン設定はフューチャーショップ構築メニューのプロモーション管理→任意アフィリエイト設定に設置します。

出力設定

出力をするにチェック

アフィリエイト名

任意の名前を設定

出力画面

商品が売れたら報酬が発生するようにするのなら注文完了ページに表示、メルマガやクーポン取得など報酬を発生させるページを選択。

トラッキングタグ設定

申込型/売上型(固定コミッション)

固定報酬の場合こちらにコンバージョンタグを設置

売上型(商品別コミッション)※「注文完了ページに表示」、「定期・頒布会申込完了ページに表示」で有効

売上に対しての報酬ならこちらにコンバージョンタグを設置

トラッキングコードの編集

「以下のタグを貴社サイトのコンバージョンページに埋め込んでください。」とあるので【】内にフューチャーショップで指定されている変数を代入

<script src=”https://r.moshimo.com/af/r/result.js?●●●&m_v=【申込ID等が代入される変数を入力してください】&p=【販売額が代入される変数を入力してください】” id=”msmaf”></script>
<noscript><img src=”https://r.moshimo.com/af/r/result?●●●&m_v=【申込ID等が代入される変数を入力してください】&p=【販売額が代入される変数を入力してください】” width=”1″ height=”1″ alt=””></noscript>

●●●には最初から店舗id等の情報が入っているのでこちらは編集の必要はありません。

m_v=【申込ID等が代入される変数を入力してください】

申し込みID、つまり注文者情報のこと。

例:受注コード…$ORDER_ID$(※注文完了ページのみ有効)

m_v=$ORDER_ID$ にすると実際に注文が入れば、受注番号が取り込まれます。

p=【販売額が代入される変数を入力してください】

販売額、つもり注文合計金額のこと

例:販売価格*購入数量…$GOODS_AMOUNT$

p=$GOODS_AMOUNT$ にすると商品価格×販売数量の商品合計が取り込まれます。

以上の編集したタグをトラッキングタグに設置します。

フューチャーショップではトラッキングタグ(繰り返し前)とトラッキングタグ(繰り返し)とトラッキングタグ(繰り返し後)がありますが、トラッキングタグ(繰り返し)にすべて入れておくといいでしょう。この辺は詳しくないので曖昧です。

バナーやテキストリンクを作成したら、プロモーションの開始申請しましょう。

約5営業日で審査結果が出ますので気長にまちましょう。